医師による説明
  1. 不眠のストレスを睡眠薬通販で解消するためのガイドライン   >  
  2. 睡眠障害の危険性

睡眠障害の危険性

あくびをする男性

睡眠障害になると慢性的な睡眠不足に陥ります。元々の睡眠時間が短いという人も居ますが、健康的な成人の場合だと最低でも1日に6〜7時間の睡眠が必要です。

睡眠にはいくつかの重要な役割があります。まず1つ目に挙げられるのは脳と身体のリフレッシュです。日中活動した脳・身体は多くのエネルギーを消費した状態になっています。睡眠中に疲労がしっかりと回復され、翌日スッキリ目覚めることが出来るのです。

2つ目の役割はホルモンの分泌です。成長期の睡眠不足は低身長の原因になることもあります。また、睡眠中に分泌されるホルモンには肌のターンオーバーを促したり、脂肪燃焼を促したりする作用もあるため、子どもだけではなく大人にも十分な睡眠は必要です。

そして3つ目に挙げられるのが免疫力を高める働きです。病気を予防するためには免疫力が重要になります。睡眠不足は代謝を下げるきっかけになるため、健康的な身体を維持するには睡眠が必要不可欠です。

睡眠障害によって様々な悪影響を受ける可能性があり、最悪の場合は体調を崩す要因になるかもしれません。それを防止するには質の高い睡眠を取るような工夫が大切です。もしも睡眠障害に陥ったとしても、早い段階で睡眠薬を服用し体質を徐々に改善することが理想的でしょう。

生活リズムの乱れによって昼夜が逆転している場合、市販の睡眠薬であっても効果が得られるケースもあります。しかし睡眠不足が慢性化すると医療機関による治療が必要になる可能性も高くなるため、不眠の症状に心当たりがあるなら、適切な方法で改善させるようにしましょう。
症状が重くなると事故に繋がる恐れがあります。居眠り運転のリスクも高まりとても危険です。睡眠障害は早期改善が重要なので、自覚症状がある人はまず改善策を立てることから始めましょう。