医師による説明
  1. 不眠のストレスを睡眠薬通販で解消するためのガイドライン   >  
  2. 市販の睡眠薬は効果的?

ジェネリックの魅力

薬局の棚

不眠症で医療機関を受診すると、多くの場合睡眠薬を処方されます。医師による処方せんが必要な睡眠薬は多く、患者の体質や症状の程度を診察によって明らかにし、それを踏まえた上で医師が処方薬を決定することがほとんどです。

一方、ドラッグストアで販売されている市販薬にも多くの種類があり、風邪薬や胃薬、または湿布や塗り薬なども豊富に揃っています。ちょっとした体調不良や怪我であればドラッグストアを利用するという人も少なくないでしょう。
不眠症の改善に役立つ睡眠薬もドラッグストアで購入することが出来ます。ただし処方薬とは有効成分や効果に違いがあるため、どちらを服用すれば良いか迷っている場合、それぞれの特徴を知っておかなければいけません。

処方薬の多くは脳や神経に作用する成分が含まれています。睡眠に落ちやすい状態へと導いてくれるため、睡眠障害の改善に用いられるのです。また、睡眠時間が短い場合などには覚醒を促す働きを抑制する効果の睡眠薬が処方されます。これを服用すれば長時間眠ることが可能です。
市販薬のほとんどはヒスタミンを抑制する成分が含まれており、元々はアレルギーの治療薬として開発されました。アレルゲンが体内に侵入すると身体がヒスタミンという物質を大量に放出します。身体を守るためには必要な作用ではあるのですが、ヒスタミンの大量放出によってアレルギー反応が現れてしまうのです。
ヒスタミンは身体を活性化させる効果があるのですが、これを抑制することで眠気が生じます。その働きが明らかになったことで市販の睡眠薬が誕生しました。

処方薬も市販薬も安全性は高いと言えます。しかし効果はやはり処方薬の方に軍配が上がるでしょう。時差ボケによる不眠などには市販薬が効果を発揮することもありますが、睡眠障害の治療目的ではあまり期待は出来ません。
処方薬と同じ効果を持つ睡眠薬は通販でも購入可能なので、市販薬で効果が得られなかったという人は通販に注目してみましょう。