医師による説明
  1. 不眠のストレスを睡眠薬通販で解消するためのガイドライン   >  
  2. 安全な睡眠薬の選択

安全な睡眠薬の選択

並べられた錠剤

睡眠薬は不眠の症状を改善させるために効果的ですが、薬の強さや服用方法をよく比較しなければいけません。医療機関で処方してもらえるものだけではなく、ドラッグストアや通販などで購入出来る睡眠薬も数多く、その種類はとても豊富になっているからです。
異なる不眠の症状を抱えている人が同じ睡眠薬を服用したとしても、それぞれ効き目は異なってくるでしょう。

作用時間で睡眠薬を選択することで症状の改善により効果を発揮します。例えば作用時間が3〜4時間のタイプの睡眠薬は服用してからすぐ効果が現れ、スムーズに眠れるようになります。作用時間が7〜8時間以上と比較的長めのものに関しては服用後除々に体内に取り込まれ、ゆっくりと眠気をもたらしてくれるのです。

入眠が困難であれば短時間の睡眠薬、何度も起きてしまうようであれば長時間の睡眠薬という風に使い分け、症状に合わせて睡眠薬を選べるようにすることが理想的でしょう。

しかし作用時間だけに注目するのではなく、副作用もしっかり押さえておく必要があります。一昔前に比べ、現在出回っている睡眠薬は依存性・副作用が格段に少なくなりました。ですが人によっては体に合わず、日中も強い眠気や倦怠感を感じることが考えられます。もちろん個人差はあるため一概には言えませんが、睡眠薬の強さによって副作用の重さにも違いがあるのです。

医療機関を受診すれば睡眠薬に関する適切な説明を受けることが出来ます。しかし、もし通販などで個人的に睡眠薬を購入する際には、薬のタイプだけではなく副作用も確認しておくようにしましょう。通販の中には利用者の口コミを紹介していることもあるので、そういったコンテンツから情報収集を行うことも悪くありません。